紫外線のピーク

・日焼け後に対策するよりも、紫外線を浴びないようにする方が肌への影響が少ないとされています。今からしっかりと対策しましょう。
紫外線(UV-B)量が1年じょ中で多くなるのは5月から9月です。

太陽の下で

・紫外線は健康に影響を及ぼしますが、もともと太陽の光は人間にとって必要なもの。朝の光を浴びると体内のリズムが整えられるといわれます。また、適度な日光欲によって骨やはの発育に欠かせないビタミンDが体内で作られています。浴び過ぎを避け、日焼け対策をして、上手に太陽と親しみましょう。