暑くなくても日焼けしている

太陽に当たって暑いと感じるのは赤外線の作用で紫外線自体に熱はありません。暑さやまぶしさを感じない曇りの日や雨の日でも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めなどで毎日対策しましょう。

目の日焼けはしみの原因!?

目に紫外線が当たると白内障などのリスクが高まるだけでなく脳からメラニン色素を作る指令が出て皮膚の色素沈着が起こりやすくなるといわれています。帽子や日傘サングラスで目を守りましょう。
 *サングラスは紫外線カット効果がはっきりと示されていて、レンズがある程度大きく、顔にフィットするものがよいでしょう。

昼間の過ごし方がポイント

1日の紫外線量のうち、約60%は午前10時〜午後2時の間に降り注ぐといわれているので、この時間帯は外出を避けるのも有効な方法です。外を歩くときは日陰を選ぶようにするとよいでしょう。