紫外線の影響

少し前まではこんがり焼けた肌は健康的と言われていましたが、最近健康に与える影響が大きいことがわかっています。肌が黒くなるのは体が紫外線の影響による被害を防ごうとする防御反応です。

すぐに現れる急性症状

・日焼け
 紫外線に当たった直後に肌が赤くなるサンバーンとその後に肌が黒くなるサンタンがあります。
・光線過敏症(日光過敏症)
 紫外線に当たることでかゆみや発疹が起こります。
・免疫低下
 単純ヘルペスなどに感染しやすくなります。

肌の大敵「光老化」

・しみ/しわ
 加齢の結果と思われがちですが、実は紫外線による「光老化」が大きく影響しています。紫外線ダメージの蓄積により、しみが現れたり、肌のハリが低下することがわかってます。

ダメージの蓄積が深刻な慢性症状に

・皮膚がん
 日焼けを繰り返すことで、遺伝子に傷がつきやすくなるといわれています。
・目の病気
 白眼が充血する「紫外線角膜炎」のほか、中高年に多い目の病気で、ひどくなると視力低下が起こる「白内障」や「翼状片」も紫外線との関係が指摘されています。
 *翼状片・・・白目の表面を覆っている半透明の膜「結膜」が、黒目に三角形状に入り込んでくる病気。充血や異物感などの症状が起こります。